エス・ケイ ブログについて-エス・ケイ通信 は、顧客管理ソフト、ソフトウェア開発、WEBマーケティング技術を駆使して商品開発・販売

ブログ

ホーム > エス・ケイ ブログ >

エス・ケイ ブログ

2021年04月26日

皆様のゴールデンウィークの過ごし方は?

 

皆さんこんにちは、広報の矢部です。
 
もうすぐゴールデンウィークですが、3度目の緊急事態宣言が出され昨年のゴールデンウィーク同様にステイホームになりそうですね・・・。
今回の宣言は昨年同様に多くの施設に休業、時短営業の要請が出され、都道府県間の移動の自粛要請。昨年を思い起こしますね。
皆さんは昨年のGWはいかがお過ごしでしたか?せっかくのGWを満喫できずに、
ストレスを貯めてしまった方、無為な時間ばかりをダラダラと過ごしてしまった方が多いのではないでしょうか?
かくいう私も昨年のGWは外出自粛要請により、自宅でくすぶってばかりでしたが「コロナ禍でも楽しもう」と気持ちを入れ替え、
いつもと違う事にチャレンジしたことによりいろいろと考えさせられると同時に、その答えとなる指針を得ることができました。
大したことではないのですが、そんな私の経験を皆さんにもお伝えできればと思います。
 
具体的にチャレンジしたことというのは、普段見ない本や映画を見る事。
特に良かったのが、「デカメロン」と「ローマの休日」です。
「デカメロン」とは14世紀に書かれたイタリア古典文学で、1348年にフィレンツェで流行したペストから逃れるため、
女性7人と男性3人の若者が郊外にある別荘に籠り、1人1日ずつ10つの物語を語り合うという物語集です。
それぞれの物語は、疫病の恐怖からなる閉塞感を笑いというエネルギーで開放し、生命力のあふれる面白い話ではありましたが、
その前提がどうしても腑に落ちず・・・。
郊外に逃げた自分たちだけのことしか考えていないデカメロンに出てくる14世紀のイタリア人。
自分勝手に食料や生活必需品を買い占め、情報に踊らされ都合よく解釈し、一方的に決めつけ行動し、他者を攻撃する現在の日本人。
14世紀のイタリア人と数世紀の時を経たコロナ禍の現在の日本人がほぼ一緒であり、
時代が変わっても両者の根底にある「自分だけ」という考え方について釈然としない苛立ちを覚えました。
そんなデカメロンに続いて「ローマの休日」は、「自分だけ」という考え方の真逆が描かれており、より一層心に残る作品でした。
この「ローマの休日」という映画は、皆さんご存知のとおり恋愛映画ではあると同時に、
実は「他人の犠牲の上に成り立つ利益」という副題があるといわれているそうです。
日本では、「ローマの休日」という題名ですが、洋題だと「Roman Holiday」となり、その単語の慣用句として「誰かを犠牲にした娯楽」
(ローマ帝国時代の貴族の休日は、コロッセオで奴隷同士の死闘を娯楽として楽しむことから由来しているそうです)という意味があるそうです。
王女という立場よりも個人としてのロマンスを優先するのか、王女を犠牲にしてスクープという記者の成功を優先するのか・・・。
最終的に主人公の二人は「誰かの犠牲の上に成り立つ幸福」を選ばなかったのですが、だからこそ不朽の名作といわれるのだと改めて感じました。
両作品とも、自分の周りで起こっている事象を「自分だけ」の視点でとらえるのか、否かを問いている作品であり、
「自分だけ」の視点でフィレンツから逃れたイタリア人、「自分だけ」の視点ではなく、国民を想い、王女を想い、
最後に「初めまして」とあいさつをしたローマの休日の主人公の二人は真逆の存在であり、どのような心持でいるべきかを考えさせられたきっかけとなりました。
 
そんな「自分だけ」という考え方に対して考えさせられたGWから約1年が経過し、今月エスケイに入社した私ですが、
意外なことにその答えを頂戴できたのが、エスケイ通信のクレドでした。
弊社では「大家族主義」を掲げ、その実践のために「クレド」というものを制定しております。
会社としても、私自身もまだまだ実践までは至っておりませんが、そのクレドの中に「自分ごと」という考え方があります。
その考え方の理解を深めれば深めるほど、まさに「自分だけ」に相対する考え方であり、常に実践したい考え方であると思えます。
もしフィレンツのイタリア人が、「自分だけ」の視点で考えず、ペストの事を「自分ごと」として考えていれば、別荘に籠ることはなく、
自分の大切な方々が多く住むフィレンツェを離れることはなかったのではないでしょうし、自分の大切な人の為のアクションをしていたでしょう。
「自分ごと」で考えたからこそ、王女は自分の責務を優先し、記者はスクープを捨てたエンディングとなったのではないでしょうか?
1年越しではありますが、「自分だけ」という考え方に陥らぬよう、「自分ごと」という心持をもって物事に向き合う習慣をつけるべきだという
自分なりの答えにたどり着けた良い休日だったと今更ながら感じております。
 
さて、このように結果的に昨年は良いGWを過ごした矢部ですが、皆様はいかがでしたでしょうか?
今年も外出できないGWになりそうですが、コロナや非常事態宣言に責任転嫁してしまいモチベーションが下がっていませんか?
せっかくの長期休みのGWだからこそ、悪い環境も「自分ごと」として考えれば、何か良い楽しみ方が見つかるかも知れませんよ。
ぜひ、自宅でいつもと変わらずに過ごすのでなく、今までとちょっと違った自宅での過ごし方をチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
 
 text_goldenweek
 

 

当社では一緒に働く仲間を募集中!↓
http://sk-recruit.com/voice/voice.html

 

2021年04月16日

【初投稿】バランスのとり方:効率化×人間らしさ(アナログ)について

 

 

皆さんこんにちは。そして初めまして。

本日からブログを担当させていただきます、広報の矢部です。

 

 

早速ですが、私の自己紹介をさせていただきます!

広報:矢部 20214月中途入社

実はつい最近入社致しました。

入社後すぐに感じた「SK通信のココがすごい」や「SK通信のこれ知ってほしい」が沢山あってウズウズしております。

学生時代は日本一周したり、海外でバックパッカーをしていました。

フットワークの軽さには自信があります!休日は趣味の旅行とアート巡りをしています。

今後は主にSNSでの発信やブログの更新など、SK通信を皆さんに知っていただくための活動をしていきます。

よろしくお願い致します。

 

早速ですが丁度1年前からリモートワークという新しい働き方が導入され、

zaitaku_telework_woman

 皆さんもこの環境が当たり前になってきたかと思います。

人との関わり方も変化し、リモート飲みなんかも流行りましたね。

online_nomikai_woman

 

そんな中、SK通信の過去のブログから面白い記事を見つけました。

伝え方:https://sk-t.com/blog/3908

先ほどお話した、リモート〇〇は現代社会において重要なコミュニケーションのツールとなりました。

一方で「伝えたいことは伝わっているかな?」「ちゃんと聞いているのかな?」と不安に感じることがあります。

対面でのコミュニケーションは信頼関係の構築がしやすい、相手の表情から状況を読み取りやすい、

連携がとりやすいなどのメリットが挙げられます。

日々リモートのニーズは高まっておりますが、FACE to FACEがコミュニケーションの威力を発揮する場面もあります。

 

毎日様々なICT技術が私たちの生活に恩恵をもたらしています。同時に効率×人間らしさ(アナログ)の

バランスも難しくなってきていると感じております。

働き方や人材においても多様性が求められる現代、リモートと対面どちらが良いという訳でもなく、

それぞれの目的やその人に合った手段を上手に選ぶ必要があると思います。

 

そして私はこのSK通信という組織に入社し、リモート飲みができる友人がおり、

このコロナ禍でいかに人間が社会的動物かと自覚させられました。

 

そして何よりも、

伝えたい時は「顔を上げる」こと。

 

face_smile_woman4

 

大切なのはこの最も人間らしい行為なのではないでしょうか。

 

当社では一緒に働く仲間を募集中!↓
http://sk-recruit.com/voice/voice.html

2021年04月08日

エス・ケイ通信|なくならない情報流出

皆さん

 

 

こんにちは。また、残念なニュースがありましたね。

多くの人が利用しているFacebook。

その利用者、5.33億人の電話番号を含む個人情報が誰でもアクセスできるサイバー犯罪フォーラムにて公開されていると。

いまだに、同社からの謝罪はありませんね。。

今回が初めてではなく、2019年にも情報流出がありました。

その際にデータ流出した原因の脆弱性は修正済みと報告していましたが、また流出しているとなると

きちんと改善していたのかと首をかしげてしまいます。

今回のようなことが起こると、大丈夫なのかと心配すると同時に、他に代用できるものはないかと

模索を始めてしまいます。

サービスを提供する側としては、この様なことが取り上げられる度に自社のサービスは?と考えてしまいます。

お客様を守る為には、定期的なメンテナンスが必須であり、定期的なサイトの監視も重要なのだと思います。

また、このようなことが起こったことでセキュリティ研究者トロイ・ハント氏が4月6日(現地時間)、自分の個人情報が漏えいしているかどうかを

メールアカウントを入力することで確認できるWebサイトHave I Been Pwned(HIBP)を発表しました。

 

 

下記はあくまでも参考にして下さい。

確認するには、Have I Been Pwned(HIBP)に国番号から自分の携帯番号を入力するのみ。

日本の国番号は「+81」なので、例えば「080-9876-5678」という番号であれば、「818098765678」と「080」の頭の0は抜いて入力。

流出したことが分かっても、携帯番号はそう簡単に変えられるものではないですが、分かっていれば何らかしらの対策も立てられます。

利用するか否かは個人の判断ですが・・

 

 

 

当社では一緒に働く仲間を募集中!↓
http://sk-recruit.com/voice/voice.html

2021年04月01日

エス・ケイ通信|サイバーセキュリティ知識

皆さん

 

 

こんにちは。前回に引き続き、サイバーセキュリティについて話したいと思います。

 

先日、ある調査結果が発表されたのですが驚愕の事実が判明しました。

それは、サイバーセキュリティ会社NordVPNgが2021年3月30日に発表した、ナショナルプライバシーテストの結果です。

今回の調査では192カ国の4万8063人を対象に、サイバー脅威に対応するためのオンラインの日常習慣や理論的・実践的な知識の正しさを評価したものです。

192カ国のうち、評価対象となった21カ国の中で、日本はほぼ全ての項目において特に低い点数だったそうです。

日本は最もデジタル競争力のある国のひとつと定められたのにもかかわらず、サイバーセキュリティとオンラインプライバシーに関する知識と技術のレベルが

最悪であることが明らかになりました。

日本のナショナル・プライバシー・テストの総合スコアは100点満点中44.4点。日本人は半分以下しか正解していないことになります。

日本人は世界の他の国よりも20.8点低く、アメリカよりも24.1点低い結果となりました。
サイバーセキュリティに関するすべての項目で、世界中最も優れた成績を収めた国はドイツでした。

デジタルライフのあらゆる側面を評価することを目的とした20の質問に対して、ドイツ人は100点満点中71.2点を獲得しました。

また、驚くことにロシア技術力の面では最先端の国と見なしていますが、個人の私生活やオンラインプライバシーに関しては、ロシアは全世界平均を下回っており

21カ国中17位にランクイン。ロシア全国民のプライバシースコアは100点満点中53.6点で、世界平均より11.6点低いことが分かりました。
最後はインドです。インドは優れたIT人材を輩出していることで知られており、多くのグローバル企業のITサポートハブとしても有名です。

しかし、インドはナショナル・プライバシー・テストのスコアが51.2点(世界平均より14.0点低い)で、21カ国中19位でした。

 

意外な結果だなとは思いますが、周りを見渡してみるとどうでしょうか。

案外結果に即しているような気もします。正しい知識と良い習慣を身につけることが、どれくらい大切なことが明白になったのではないでしょうか。

どの企業も従業員に対して研修を行ったり、サイバーセキュリティ対策を講じたりしていますが、それだけではなく

各個人でもその意識を高め知識を持つことが非常に大切であり、知るだけでなく行動も伴うことが必要なのだと思います。

誰かではなく、自身で身を守る。各自が意識をし行動していきましょう。

 

 

当社では一緒に働く仲間を募集中!↓

http://sk-recruit.com/voice/voice.html

2021年03月26日

エス・ケイ通信|サイバーセキュリティ対策

皆さん

 

こんにちは。もうすぐ入社式など新年度を迎え、新たな1年が始ますね。

様々な企業が環境の変化により働き方を変えて新しい1年をスタートするのではないでしょか。

そこでテレワークの導入が進む中、サイバーセキュリティ上の概念として「ゼロトラストセキュリティ」に注目が集まり始めていることは

ご存じでしょうか。

ゼロトラストセキュリティとは、ネットワークの内側と外側を区別せず、全ての通信を等しくうたがって監視するという概念です。

一度攻撃者に侵入されると被害の拡大を抑えるのが難しい従来型セキュリティのデメリットを克服できるとされています。

テレワークは新型コロナ対応として導入が進みましたが、セキュリティ面は非常に脆弱になっているのが現状です。

 

ゼロトラストセキュリティは「不正アクセス」「標的型攻撃」「APT攻撃」「情報漏えい」などの対策で効力を発揮すると言われています。

不正アクセス、標的型攻撃、APT攻撃は、さまざまな手段で攻撃対象のネットワークやデータに侵入し、ウイルスに感染させたり情報や資源を盗む攻撃。

情報漏えいは、これらの攻撃によるものと、従業員の作業ミスなどで意図せず情報が外部に流出するものが存在します。

攻撃者も従業員も等しく行動を制限し監視することで、侵入も流出も防ぐ仕組みだそうです。

例えばファイルサーバに置かれた機密資料を閲覧する際に、まずは認証プロセスで従業員か否かを判別。

本人確認が取れた場合のみファイルサーバへのアクセスを許可する。

その上で「閲覧はできるがダウンロードはできない」など権限を制限し、うかつな情報漏えいを防ぐ、といったものです。

これは政府もサイバーセキュリティ対策としてゼロトラストセキュリティの導入を検討しており、今後も注目を集めると言われています。

 

働き方の多様性に伴い、新たな対策を講じなければならない局面にきているからこそ、検討をしなければならないのです。

 

 

 

当社では一緒に働く仲間を募集中!↓
http://sk-recruit.com/voice/voice.html

カテゴリー / CATEGORIES

新着情報